『body tour〜血液②〜』


ホントはあまり言いたくないけども…kokuaの核の話・・・Part.2




そもそも、なぜ【血液】に着目したかと言うと


人って、血がなくなると生きられなくなりますよね…と言うことに気付いたからです。


そんなん誰でも知ってるよ!って話なんですが、改めてそう思ったんです。


心臓や各臓器が怪我をすると…生きられなくなるのは誰でも想像できるのですが、体からたくさんの【血液】が外へ流れていってもダメですよね。。

大怪我ではなくても、主要な血管が切れて血がたくさん出てしまったらアウトですよね…

なぜ??

それだけ、【血液】は大事って事ですよね。

そもそも内臓って、何をしているのか?

【血液】を全身へ送り出す

【血液】の成分の生成

【血液】の解毒

【血液】の濾過

【血液】の中のガス交換

【血液】をためる

【血液】を作る


内臓って…【血液】に関する仕事多くない?


そうなんです。

内臓って、【血液】の為に働いている!!って事にも気付いてしまいました。


って事は………

内臓が悪くなると【血液】ちゃんと流れないのでは…??

【血液】流れてないと体困るのでは?

【血液】足りないと体動かないのでは?

【血液】汚れてたら体壊れるのでは?


当たり前だけど、核心に近付いた気がしました

特集記事
​カテゴリ別
最新記事
​月別の記事