『body tour〜血液①〜』


ホントはあまり言いたくないけども…kokuaの核の話・・・Part.1



久しぶりにアップしていきたいと思います


今回もとても《重要》なお話です

これがkokuaの施術の核になる考え方になります。と言っても過言ではない!



今までとダブってしまう話もあるとは思いますが、それだけ重要視している事だと思って下さい。


タイトルにもあるように、『血液』について

(※ここからはあくまでkokua的見解ですので、詳しくは各種医学書等を調べて下さいね)


血液ってめっちゃ大事ですよね‼️

そりゃそうでしょ…当たり前でしょ…、では何がそんなに大事なの?


まずは、意外と知られていない血液(血管)の【基本情報】から


・血液の量は?

…体重の1/13(約8%)


・血液の流れる速さは?

…全身を巡るのに約50秒


・血管の長さは?

…全身で約10万km(地球2周半)


・血管の面積は?

…約7000㎡(テニスコート約27面分)


・pH7.4の弱アルカリ性


です。

何か、凄いですよね。。

いや、めっちゃ長ない?速ない?広ない?

と僕は思いました。



【次に血液の仕事】


①物質の運搬

…酸素や二酸化炭素、老廃物、ホルモン等を運ぶ


②内部環境の恒常性の維持

…体温や血圧等、体を一定の状態に保つ


③身体の防御

…免疫機能、炎症、発痛物質による反応


④止血作用

…外傷や損傷部位に対する修復等の機能


です。

他にもまだあるかもしれませんが、だいたいこの①〜④のどれかに入ると思います。


長くなりそうなので、続きはPart.2で

特集記事
​カテゴリ別
最新記事